ロボカップジュニアとは

サッカーリーグ
レスキューリーグ
OnStageリーグ

【3つのリーグ】

子ども達の好奇心や探求心を引き出し挑戦できる3種類の競技テーマ(サッカーリーグレスキューリーグOnStageリーグ)があり、誰でも参加できます。

【目的】

ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupの担い手を育て、3つのリーグを通して、次世代のリーダーとなるための基礎基本を身につけられる協同学習の場を提供し、競争の先にある協調を目指します。

【コミュニケーション】

海外の高校・中学・小学生も参加!日本大会や世界大会では国内外から集まった初対面のチーム同士がペアになって新しくスーパーチームをつくり、言葉や文化の壁をのりこえてコミュニケーションする場がつくられます。

Robo Cupとは

RoboCupとは「西暦2050年までに、人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝てるロボットチームを作る!」という、世界の人々に分かりやすい、夢のある目標を掲げる事によって、真に人間社会に役立つロボット技術を育成することを目的とした、ユニークな国際プロジェクトで、世界35カ国から競技者が集います。

   The Robocup Federation    RoboCupJunior International Committee    RoboCup Japanese National committee    RoboCupJunior Japan

サッカーリーグ

小学生から参加できる自律型ロボットによるサッカー競技。
チームワークも含めたロボット技術の総合的な習得を目的としたリーグです。

最新情報はこちら→サッカーリーグ技術委員長ブログ
詳細情報はこちら→サッカーリーグについて

レスキューリーグ

レスキューリーグは、ロボットが自分で周りの状況を判断し、様々な障害をのりこえながら、被災者を見つけていく競技です。

最新情報はこちら→レスキューリーグ技術委員長ブログ
詳細情報はこちら→レスキューリーグについて

レスキューリーグには、以下のような特徴や利点があります。
・ラインに沿って進む「ライントレース」が基本であり、初心者でも始めやすい。
・コースを進むにつれて難易度が上がる仕組みなので、自然と実力を高めることができる。
・障害物、線の切れ目、坂などのロボット製作制御を楽しめる要素が多くある。
・タッチセンサーなど様々なセンサーとの組み合わせで、工夫には無限の可能性がある。
・スピードやパワーはあまり重要ではないので、高価な部品がなくても活躍できる。
何より「レスキュー」という人助けにつながる競技であることが、前向きな気持ちを生み出します。
自分のロボットが、障害をのりこえ被災者を無事に見つけ出したときの喜びを、ぜひみなさんも体験してください。

OnStageリーグ

OnStageリーグは、小学生から参加できる自律型ロボットによるダンス競技で、ロボットが2分間の演技時間の中でダンスや演技を披露する競技です。

最新情報はこちら→OnStageリーグ技術委員長ブログ
詳細情報はこちら→OnStageリーグについて

ロボットの台数や大きさなどの制限がないのがOnStageリーグの魅力の1つ。
自由な発想の中で、ロボットのメカニズムへの探求、そしてロボットと人間のコラボレーションを目指す事など、他のリーグにはない魅力がたくさんあります。
OnStageリーグには面接方式のインタビュー審査と実際にロボットが演技をするパフォーマンス審査があり、審査員がスコアシートを基に評価し、スコアシートの得点によって順位付けがされます。
審査の基準は「プログラミング」「構造・構成」「センサーの使用」「振付け」「衣装」「エンターテイメント性」6つのカテゴリーに分かれ、
インタビュー審査では主に「プログラミング」「構造・構成」「センサーの使用」
パフォーマンス審査では主に「構造・構成」「振付け」「衣装」「エンターテイメント性」が評価される様になっています。
まずは演技のテーマと使用する音楽を決めたら、テーマに合わたせロボットの製作、振付けをプログラミングして大会にリーグしてみましょう。

リンク
ロボカップ日本委員会
ロボカップジュニア国際